占いの中での四柱推命の評判

占いの中での四柱推命の評判

占いとしての四柱推命

四柱推命は、よく当たると言われている占いですが、もとは中国で陰陽五行説を基本にしているようです。一般の私達ではとても難しい、ある意味では学問的なもののように思いますが、そこから色々なあららしい占いが派生して出来ているように思います。中国では昔から占いが盛んで、有名なところでは易経という儒教の経典があるぐらいで、天がその人に運命を授けるという思想があり、天命という言葉もあります。元々はあすの運命もわからない私達の人生を何とか知る方法はないかということで、世界中で色々な方法が編み出されましたが、それが占いの起源だろうと思います。特に戦争が多かった時代には、重宝されたようで戦争の前には犠牲を捧げたりして勝利を祈願したりしていました。

四柱推命もそのような伝統から、編み出された占いのひとつだと思いますが、易と同じでてる学的な意味合いのほうが強いのではないかとも思います。陰陽五行は道教からきていると思いますが、それまでの色々な思想や体験を折衷して、占いに適した体系にしているように思います。歴史的には1100年頃の中国の南宋といわれた王朝のの文献が最初だそうで、その作者が始祖と言われていますから、1000年の歴史があるということです。その間の風雪に耐えてきたものですから信じられるということでしょう。


Copyright(c) 2017 占いの中での四柱推命の評判 All Rights Reserved.